美しく繊細に編み上げられたロイドルームの家具。 しかし、その素材は籐ではありません。

1917年、ひとりのアメリカ人が画期的な家具製造システムを考案しました。 彼の名はマーシャル・B・ロイド。彼は伝統的な籐家具の製法に改良を重ねて、"紙"と"ワイヤー"を使った斬新で、美しい家具ロイドルームを完成させました。 枝編み細工のような繊細さを持ちながら紙とワイヤーから作られるというまったく新しい素材・・ ロイドルームの命ともいえるファブリックは、固くよりあわせて防水処理を施したクラフトペーパーをスチールワイヤーに巻きつけ、機械によって織り上げられたものです。

さらに、芯のスチールワイヤーには防水・防錆加工がされ、折れたり、ひびが入ったりしないように工夫されたうえ、完全密封加工が施されています。

この画期的な製法は、伝統的な枝編み細工と違い、フレームとファブリックを別々に作ることができるためにバラエティ豊かなデザインを次々と生み出すことを可能にしました。

温かみのある贅沢な質感を持ちながら、ささくれやフレームのきしみ、そりなどの変形がなく、湿気にも強い・・

伝統的な枝編み細工の優れた性質をすべて備えながら、悪い部分を一切持たない、新しい時代の家具は驚嘆と拍手をもって迎えられました。 そして、強さ・美しさ・感触の良さが調和したロイドルームは、またたく間に人々を魅了し、20世紀のデザインを変える先駆的存在として大きな成功をおさめました。

発表からわずか数年のうちに、新時代の家具として不動の地位を手に入れたロイドルーム。しかし、その躍進はさらに続きます。 1922年、英国W・Lusty&Sons社のウィリアム・ラスティは、いちはやくロイドルームの第一歩を踏みだすことになりました。

しかし、この当時の英国ではヴィクトリア様式のインテリアが主流であり、伝統と品格を重んじるこの国で紙とワイヤーの家具は、大きな冒険でした。家具業界に大きな変革をもたらすか、まったく相手にされないかのどちらかでした。 W・Lusty&Sons社は、アメリカが生んだ革新的な技術と、英国の伝統が育てたエレガントで気品のあるデザインとを融合させた独自のロイドルームをつくることに取り組みました。

その結果、それまでガーデンファニチャーとして使われていたロイドルームは次第にインテリアとして認められ、人々の憧れを集めたウィンブルドンのロイヤルシートや豪華客船、飛行船で使われるまでになりました。中でも成功を決定づけたのは鉄道会社London and North East Railwayのホテル全館での採用でした。当時鉄道産業は先端事業であり、時代のステイタスシンボル。ロイドルームの真価が頑固な英国人に認められた瞬間でした。

W・Lusty&Sons社はその後も成功におぼれることなく、ライセンス取得から1940年までのわずか18年間に600種類を超えるデザインを次々と生み出し、現在ではコレクターズアイテムとしてヨーロッパ各地で取り引きされています。

また、革新性と伝統が築いたロイドルームの精神は、1957年ソビエトが人工衛星スプートニクを打ち上げた年に、"スプートニク"と名づけたバスケットを数日で製作、数百個を瞬く間に完売したという現在4代目のジェフリー・ラスティにも受け継がれ、更に今、次の世代へと渡されようとしています。伝統の美しいエッセンスを現代へ未来へ・・ 時代と国を超えて語り継がれるロイドルームその魅力をいま、日本の空間へお届けします。

ロイドルームのオンラインストアへ



・本体カラーチャートはこちら
・クッションカバーのファブリックチャートはこちら










新規登録

ログイン

カートの中を見る

Search


Category

























Pick Up!




2017年8月
12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031
2017年9月
12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
8月14,15日は休まず営業

通常の店休日 : 毎週火曜日、第2,3月曜日(祝祭日は営業で翌平日休み)
営業時間 : 11:00〜18:00






















A&Oを掲載いただいた書籍、
取材協力させていただいた情報誌など。











Payment

決済方法を各種お選び頂けます。

Mail Magazine

Feeds

RSS - ATOM