ホーム
0
カテゴリー
グループ
コンテンツ
カート
ユーザー
絞り込む
カテゴリー
グループ
コンテンツ
1890's Art Nouveau Moser Karlsbad Bohemian Decanter
1890年頃 モーゼル・カールスバート 腐食カメオ デキャンタ 
100,000円(税抜)
1個です。
購入数

1890年頃 モーゼル・カールスバート 腐食カメオ デキャンタ 
100,000円(税抜)
1900's Art Nouveau Crystal Cut Glass Patina Goblet

アールヌーボー期、モーゼル社の小振りなデキャンタです。
クリスタルガラスに、腐食(エッチング)技法で花模様が丹念に刻まれており、繊細かつ正確な仕事です。
ボヘミアガラスの作品を多く手がけていたモーゼル社は、チェコ国ボヘミアのカールスバート地方(Karlsbad, Carlsbad)で栄えたガラス工房です。
腐食カメオというのは、焼成され冷まされたガラス本体に酸を掛けて溶かした凹凸で模様を付ける技法で、アールヌーボー期、特にフランスとボヘミアのガラス工芸家たちによって一般化された技法です。

注ぎ口の純銀が全体を引き締め、可憐さと気品を兼ね備えています。

花名は、ちょっと解りません・・ トゲがある花? 日本に存在する品種ではないかもしれません。

光の明暗を活かして窓辺に飾ると、腐食カメオが引き立ってとても綺麗です。 ドレッシングやオリーブオイル入れとしても良いかも? って勿体ないか・・(^^);


カテゴリー: デキャンタ
制作期: 1890年頃(アールヌーボー期)
原産: モーザー社(チェコ・ボヘミア=カールスバート地方)
製法: クリスタルガラス、腐食、カッティング、純銀
サイズ: 高さ17cm
この商品を購入する