ホーム
0
カテゴリー
グループ
コンテンツ
カート
ユーザー
絞り込む
カテゴリー
グループ
コンテンツ
1850 Saint Louis cut-glass goblet
1900年頃 サン・ルイ(仏) カット技法 ゴブレット、ワイングラスに 複数在庫あり cg-2
23,800円(税抜)
3個です。
購入数

1900年頃 サン・ルイ(仏) カット技法 ゴブレット、ワイングラスに 複数在庫あり cg-2
23,800円(税抜)
1850 Saint Louis cut-glass goblet

1850年頃、サンルイ社クリスタルガラスにカット技法が施されたワイングラスです。 1900年以前の古いサン・ルイの作品はシールか紙タグの銘記であったために、現代品のような腐食サインはありません。 正真正銘サン・ルイの作品であることを保証致します。 サン・ルイの歴史はバカラよりも古く、ルイ9世の認可のもと製造された王立ガラス工場という格式高い歴史を持ち、現在でもフランスの公式晩餐会で使用されています。

カテゴリー: ゴブレット
制作期: 1850年頃
原産: サン・ルイ(仏)
製法: クリスタルガラス、カット技法
サイズ: 高さ17cm 口縁の直径9.2cm

他の画像は春日々和(オーナーブログ)でご覧頂けますと光栄です。

Saint Louis
1586年、前身のミュンツタールガラス工場が操業。1767年、ルイ15世から、聖王ルイ9世にちなんだ“Saint Louis”の名称を受けて、サンルイ王立ガラス工房となる。1781年、フランスで初めて鉛クリスタルの開発に成功した際に、サンルイ王立クリスタル工房となる。19世紀初頭には鉛クリスタルにカットをほどこしたテーブルウェアの製造を開始。19世紀半ばに発表されたペーパーウェイトは、世界中のコレクターに珍重されている。王朝風の繊細で優美な装飾が特徴。現在はエルメス傘下。
この商品を購入する