19世紀末 アールヌーヴォー期 バルボティーヌ 女性の横顔 31cm フレンチマジョリカ

Category : 磁器、陶器



1890 Barbotine Plate

1890年頃、アールヌーヴォー期フランスのバルボティーヌ(フレンチマジョリカ)。 リーフの髪飾りをした女性の横顔と草花が陽刻(浮き出ている模様)になった鮮やかなプレートです。 バルボティーヌで人物がモチーフになるパターンは珍しいです。 チーズ、ケーキ、パンなどを盛るコンポート的な使い方がお洒落ですよ♪

カテゴリー: バルボティーヌ(フレンチマジョリカ)
作成年代: 1890年代
製法: 陶器
原産国: フランス
コンディション: ヒビ・欠け・割れ・色褪せありません。
サイズ: 31×24cm

Barbotine
(バルボティーヌ 19〜20世紀前半 フランス・ローレーヌ地方)
パリのアンティーク・マーケットなんかでよく見かける可愛らしい動植物がモチーフの陶器、名は『バルボティーヌ陶器』といいます。
16世紀のフランスの陶工ベルナール・パリッシーが作成していた花柄・魚・昆虫・爬虫類など自然のモチーフを取り上げた陶器に始まり、その後19世紀に再度脚光を浴び、アールヌーボー期を経て20世紀前半まで流行しました。
産地は特にロレーヌ地方だったので、『ロレーヌのマジョリカ焼き』『フレンチ・マジョリカ』と言われていたこともあるそうです。
自然をモチーフにしていて、果物、花、野菜がよく使われていました。作られたものはお皿だけではなく、ジャグや花瓶台などもあります。
モチーフを型打ちで浮彫りにしているので、立体的になって造形的にも面白く、魅力の一つと言えるでしょう。
フランスではバルボティーヌのお皿を実際食事の時にも使っていたようで、「アスパラがモチーフのお皿ならアスパラガスを食べる時に使っていた」なんて、何ともお洒落だとは思いませんか?
もちろん、これ1枚を壁に掛けて飾ってもとてもインパクトがあって素敵です♪


販売価格 0円(税抜)
在庫数 SOLD OUT
SOLD OUT

この商品について問い合わせる
お支払い・発送について
特定商取引法に基づく表記
この商品を友達に教える
買い物を続ける
     




新規登録

ログイン

カートの中を見る

Search




Category

























Pick Up!




2017年12月
12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31
2018年1月
123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031

通常の店休日 : 毎週火曜日、第2,3月曜日(祝祭日は営業で翌平日休み)
営業時間 : 11:00〜18:00






















A&Oを掲載いただいた書籍、
取材協力させていただいた情報誌など。











Payment

決済方法を各種お選び頂けます。

Mail Magazine

Feeds

RSS - ATOM