ホーム
0
カテゴリー
グループ
コンテンツ
カート
ユーザー
絞り込む
カテゴリー
グループ
コンテンツ
1840 KPM Berlin cup & saucer
1840年頃 KPMベルリン 金彩のカップ&ソーサー kpm-12
50,000円(税抜)
定価 75,000円(税抜)
1個です。
購入数

1840年頃 KPMベルリン 金彩のカップ&ソーサー kpm-12
50,000円(税抜)
1840 KPM Berlin cup & saucer

1840年代、KPM Berlin のカップ&ソーサーになります。 珈琲、紅茶どちらでもお使いいただけそうな形状です。 KPMは、高台の青い杓マークの形で年代分けが可能です。 絵付けが惚れ惚れするほどに見事です。 コンディショは良好です。 割れ欠け無し、金の剥がれもほぼ見当たりません。 ドイツ最高峰の王立磁器窯KPMの名に相応しい逸品であることを保証致します。

カテゴリー: KPM磁器
作成年代: 1840年
原産国: プロイセン王国 ベルリン(独)
サイズ: カップ高さ 5.5cm カップ直径8.7cm  ソーサー直径 15.0cm


Koenigliche Porzellan Manufaktur
(ベルリン王立磁器製陶所、KPM Berlin 1763年〜 )
ベルリン王立磁器製陶所(KPM Berlin)は1763年、プロイセン王国・ベルリンのフリードリヒ大王によって創業された磁器製陶所です。 フリードリヒ大王は、西洋初の白磁として成功したザクセン王国・マイセンのヨハン・フリードリッヒ・ヘドガーが地元ベルリンから逃亡し、別の地で成功したことに忸怩し、大王自ら指揮を執り、マイセンから技術者を集めるなどをして、ベルリン王立磁器製陶所を最高水準へと高めました。 KPM.ベルリンは王国が消えた現在でも、ベルリン市が出資する会社として、「ベルリン王立磁器製陶所」と伝統ある名称を名乗っている。またドイツ政府の公式晩餐会の食器として使用されています。
この商品を購入する