アンティーク 1880年代 ラザロ・ポーゼン・ヴィトヴェ&ババリア社 銀無垢と磁器のティーカップ 6客セット+2カップ B

Category : シルバー(銀食器)



1880 Lazarus Posen Witwe & Bavaria 800 silber Porcelain 6 tea cups and holders

1880年代、ラザロ・ポーゼン・ヴィトヴェ社の銀無垢のカップホルダーに、ババリア社のティーカップのコラボレーション製品になります。 磁器と銀の組み合わせが目を惹くデザインですが、もともとは保温性を高めるためのホルダーです。 カップホルダーは、バロック様式を象徴する洗練されたデザインとなっています。 ティーパーティーやお茶会など、カフェ・サロンのショップ什器としてもお薦めなのです。 ※ 予備で磁器カップが2個あります。

創業1794年、気品溢れるロココの華の歴史と伝統を継承するドイツの名窯ババリアは、ローゼンタール、ドレスデン等の名窯地。中でも最も歴史の古い名窯の1つで、製品の多くは機能性と芸術性の融合を兼ね備えています。

ラザロ・ポーゼン・ヴィトヴェ社(Lazarus Posen Witwe = ドイツ語で、ラザロ・ポーゼン夫人)
1869年、ブレンディア・ウェッツラーとポーランド系の小売業を営んでいたラザロ・ポーゼン・ヴィトヴェ夫人がフランクフルト市で創業したシルバースミス。 ポーゼン夫人の管理下のもと、19世紀後半にはユダヤ人最大の製造業者になりました。 息子ヤコブ・L・ポーゼンが経営に参加した1880年には国内で最高品質の銀製品を製造する会社に成長し、1903年には王室御用達の勲章を受けています。 国家社会主義のもと強制的に工場を閉鎖される1938年まで操業を続けました。

ホールマークの"800"は、銀の純度のことで千分率で記されます。 この場合、銀800銅など200 のソリッドシルバー(銀以外の重金属を含む銀無垢のこと)です。 ちなみに、silber 800は別名「ジャーマン・シルバー」といって、その名の通りドイツ特有の合金率なんです。

カテゴリー: ティーカップ
製法: 銀無垢(800er silber)
年代: 1880年代
原産国: ババリア社、ラザロ・ポーゼン・ヴィトヴェ社
サイズ: 磁器カップ直径9.6cm ホルダーをセットした時の高さ5.3cm
コンディション: 全体的にコンディション良好です。
備考: 予備で磁器カップが2個あります。

もう1セット(6客)ありますので合わせてご検討いただけますと光栄です。
http://aando-since1993.net/?pid=88243014

※銀無垢でも、銀含有99%以上がスターリングシルバー。 それ以下は、ソリッドシルバーと呼ばれています。 シルバープレートは99%以上の鍍金(メッキ)を意味します。

定価 200,000円(税抜)
販売価格 160,000円(税抜)
在庫数 1個です。
購入数

この商品について問い合わせる
お支払い・発送について
特定商取引法に基づく表記
この商品を友達に教える
買い物を続ける
     




新規登録

ログイン

カートの中を見る

Search


Category

























Pick Up!




2018年6月
12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
2018年7月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031

通常の店休日 : 毎週月・火曜日(祝祭日は営業で翌平日休み)
営業時間 : 11:00〜18:00






















A&Oを掲載いただいた書籍、
取材協力させていただいた情報誌など。











Payment

決済方法を各種お選び頂けます。

Mail Magazine

Feeds

RSS - ATOM