ホーム
0
カテゴリー
グループ
コンテンツ
カート
ユーザー
絞り込む
カテゴリー
グループ
コンテンツ
1950 IWC 18k solid gold Cal.89
1950年 IWC社 Cal,89 18KYG 36mm シルキーホワイトダイヤル
490,000円(税抜)
1個です。
購入数

1950年 IWC社 Cal,89 18KYG 36mm シルキーホワイトダイヤル
490,000円(税抜)
1950年製 IWC社のアンティークウォッチ。 18金無垢で名機といわれるCal.89搭載。 筆記体の「International Watch Co.」は50年代以前のもので、オールド・インターと呼ばれています。この時代の時計はいたってシンプルでした。

シルキーホワイトという、シルクの様ようにパールが掛かった半艶のダイヤルで希少なモデルでティアドロップラグも相まって人気の高い仕様です。 ケース径36mmは、cal.89の中でも最大径に近く、当時のパテック社カラトラバを意識して大型化されたと言われています。 大型化に伴い、18金を多く使用していますので全体重量も増しています。

IWC初の本格的な腕時計用センターセコンドにして、最高傑作との評価が高いキャリバー89。ペラトン式自動巻きを考案したことで有名なアルバート・ペラトンが1946年に設計したものです。 高級ブランドが薄いムーブメントで技術力を競っていた当時、薄さを嫌い頑丈さにこだわって設計したムーブメントです。 ブレゲ巻上げヒゲの位置を調節できるように、キドニー(腎臓)型のプレートで挟みこんで固定されているのは高級機の証しです。 この仕上げのクオリティはアンティークならでは。 手巻き式ムーブメントの手本、古典的名機との誉れ高い一品です。


メーカー: IWC (International Watch Company = インターナショナル・ウォッチ・カンパニー)
年代: 1950年製
ケース径: 36mm(竜頭を含まず) バンド取り付け18mm
コンディション: ダイヤルにシミが若干見られますが焼けは少ないです。ケース裏蓋に引っ掻き傷がいくつか見られます。全体的に美観を保っておりコンディション良好な一品です。
ケース素材: 18金無垢イエローゴールド
ムーブメントタイプ: センターセコンド、キャリバー89
風防: プラ風防
☆ 真贋につきましては生涯保証となっています。


※ 本品をお買いあげの際には、弊店の保証約款上、分解掃除ののちお渡しとなります。施工完了まで1〜2ヶ月お待ち頂くことになりますので何卒ご了承下さい。なお、ご購入日より1年間が動作保証の対象となります。


***


IWC(インターナショナル・ウォッチ・カンパニー)

スイスのドイツ国境の町、シャフハウゼンに創業したインターナショナル・ウォッチ・カンパニーは、スイス時計ブランドの代表格ながら、ドイツの質実剛健な時計作りで知られています。1868年、アメリカ人のフロレンタイン・アリオスト・ジョーンズが、近代的な時計生産をスイスで展開したのがはじまり。長い緩急針を備えたジョーンズキャリバーを開発しましたが、経営はわずか7年で破綻してしまいました。10年後、転々としていた経営権が、機械製造業を営むヨハネス・ラウシェンバッハ・フォーゲルに移ってからIWCは息を吹き返します。アメリカ式の大量生産よりもクオリティやクラフツマンシップを追求し、コンプリケーションの開発や時計師の育成を行いました。その後の成功は、Cal.89やペラトン式自動巻き、軍用時計の「マーク」シリーズ、耐磁時計「インジュニア」などの傑作が物語っています。
この商品を購入する