ホーム
0
カテゴリー
グループ
コンテンツ
カート
ユーザー
絞り込む
カテゴリー
グループ
コンテンツ
1951 Susie Cooper “Azalea” demitasseware set
1951年 スージークーパー 「アザレア」 デミタスウェアセット ボーンチャイナ
0円(税抜)
SOLD OUT
1951年 スージークーパー 「アザレア」 デミタスウェアセット ボーンチャイナ
0円(税抜)
1951 Susie Cooper “Azalea” demitasseware set

「アザレア」はツツジのことで、日本でもお馴染みの花です。作られたリトグラフの年代によって、フラワーデザインが微妙に違った物がありますが、全てアザレアであることに間違いありません。これはボーンチャイナで、同年にアースンウェアでも発売されています。 内側がシックなマーロンカラーで外側はドットパターンの素敵なデミタスウェアです♪


カテゴリー: スージークーパー デミタスウェア
作成年代: 1951年
製法: ボーンチャイナ
原産国: 英国
コンディション: ひび割れ欠け無く良好です。カンニュウみあたりません。


Susie Cooper
(英国の陶器デザイナー 生没1902〜1995年)
スージー・クーパーは英国の食器デザイナーです。 60年以上もの間デザインを続け、英国の20世紀を代表する女性デザイナーと言われています。
とくにスージーのデザインに代表される1930年以降の「フローラルデザイン」は、当時のアールデコ芸術の風潮で描かれた可愛らしくも可憐な動植物たちでした。
1995年、日本である一冊の本が発売されました。 「スージー・クーパーのある暮らし」という本です。 この本が大ブレイクし、瞬く間に日本でのスージークーパーの人気が急上昇したのです。 この年、スージーが他界したことも重なって、英国では、いままで「ヴィンテージ雑貨等」でしかなかったスージークーパーの価値が再評価され、マーケットは急上昇し価格が高騰化ました。 この時スージークーパーの作品は「アンティーク」になったのです。 加えてスージー・クーパーの価値を押し上げたのは、英国のコレクターではなくて日本のファンであったことは非常に特殊なケースなのです。
日本人の心を射止めたスージークーパーの食器たち・・ 何故か不思議と昔の懐かしい雰囲気がするのです。
// Googleアナリティスク設定