ホーム
0
カテゴリー
グループ
コンテンツ
カート
ユーザー
絞り込む
カテゴリー
グループ
コンテンツ
1948 Leonard Foujita "Le Rêve" by GUY SPITZER
1948年 「夢」 レオナール・フジタ(藤田嗣治) スピッツァー版
4,800,000円(税抜)
1個です。
購入数

1948年 「夢」 レオナール・フジタ(藤田嗣治) スピッツァー版
4,800,000円(税抜)
1948 Leonard Foujita "Le Rêve" by GUY SPITZER

1948年製作、藤田嗣治(レオナール・フジタ)の “Le Rêve”(夢)で、最高の評価を得ているスピッツアー版のリトグラフです。 繊細な描写によって美しい女性の肌が表現されています。覗き込む動物の表情も可愛らしい作品です。

当時、ナチスから逃げるようにして日本に帰国していたフジタは、陸軍軍医総監だった父のしがらみで、なかば強制的に陸軍美術協会理事長に就任させられて戦争画を描いていました。 戦後、それが元でGHQに戦犯扱いで追われる身となり、逃げるようにして、またパリに渡ったそうです。 傷心のフジタがフランスに戻った時には、すでに多くの親友の画家たちがこの世を去るか亡命しており、マスコミからも「亡霊」呼ばわりされるという有様でした。 そのような中で再会を果たしたピカソとの交友は晩年まで続きました。
そのピカソの紹介で画商スピッツァーに出会い、1947年の『夢』モノトーン版の翌年1948年に、あらためて原画を描き起こして刷られたのがこの『夢』スピッツァー版です。
エリオグラヴュールは、すべてが手仕事で、銅版を酸にさらす時間の調整や表面に塗ったゼラチンの取り扱いに非常な熟練を要します。 また多色刷りができないため、より美しく自然な仕上がりとなるように、酸で腐食させたあとの版にメゾティント、アクアティント、エッチング、エングレーヴィング等で手を加えて完成するといった、とても複雑で高難度な技術で原画により近いインパクトを与えています。
1947年版と1948年版では、よく見比べると、動物たちの構図や種類が違うのが大きな特徴です。 コレクターからはフジタの傑作とされる代表的な作品の一つです。


制作期: 1948年 カタログ・レゾネ:No.47-19
原作者: 藤田嗣治(レオナール・フジタ)
製法: エリオグラヴュール(ヘリオグラビュール)
部数: 250部(レゾネ記載により)
サイン: 作品右下に自筆サイン
作品サイズ: 高さ50.0 幅60.5cm
額装サイズ: 高さ75.0cm 幅85.0cm
備考: 額装のうち、額縁とガラスは弊社によるものです。それ以外(バックボード、マスク)は当時のままのオリジナルです。

他の画像は春日々和(オーナーブログ)でご覧頂けますと光栄です。
この商品を購入する