ホーム
0
カテゴリー
グループ
コンテンツ
カート
ユーザー
絞り込む
カテゴリー
グループ
コンテンツ
サファイア&ダイヤモンドのリング 指輪 9KYG 19世紀末 英国ヴィクトリア王朝期 r-21
サファイア&ダイヤモンドのリング 指輪 9KYG 19世紀末 英国ヴィクトリア王朝期 r-21
80,000円(税抜)
1個です。
購入数

サファイア&ダイヤモンドのリング 指輪 9KYG 19世紀末 英国ヴィクトリア王朝期 r-21
80,000円(税抜)
19th century Victorian Diamond & Sapphire Ring 9K Solid Gold
19世紀末、ヴィクトリア王朝期に作られたサファイヤとダイヤモンドが交互に鏤められたコンビネーションリング。 濃度が高いサファイアでダイヤモンドのクラリティーも高めです。ブリッジの装飾はヴィクトリア様式で当時の華麗な雰囲気が伝わってくるようです。 サファイアは碧玉、青玉はとも呼ばれます。コランダムの変種で、ダイヤモンドに次ぐ硬度とされいます。9月の誕生石。天空の色とつながり、地球の青、宇宙の青として最も神に近い石とされてきました。

カテゴリー: 指輪
制作期: 19世紀末頃 ヴィクトリア王朝期
製法: サファイア0.7ct、ダイヤモンド0.5ct、9金無垢
原産: 英国
サイズ: 13.5号

*共箱はそのときの在庫である物をお付けしています。画像の共箱とは別のものになることもございます。

*サイズ直し承ります。前後±3サイズまで10000円。それ以上は15000円になります。


ヴィクトリア朝は、ヴィクトリア女王(1819 - 1901年)がイギリスを統治していた1837年から1901年の期間を指します。この時代はイギリス史において産業革命による経済の発展が成熟に達したイギリス帝国の絶頂期です。 18歳という若さで即位し、イングランド歴史上の中でも美人女王で、夫アルバートと生涯仲睦まじい夫婦であり続け、多くの子供を儲けた。 そういう家庭的な一面で英国民から支持を受けており、夫アルバートが亡くなった時、長く着用し続けた喪服スタイルが民衆の間で流行したほどです。 母方がザクセン王国の血を引いていたこともあって、シック&エレガントなスタイルを基調としていたようです。 のちに彼女の名を拝借した様々な美術的思想が確立し、総じてヴィクトリアンスタイルと呼ばれるようになりました。 現代のハリーウィンストンのジュエリーもこのスタイルの継承が多く見られます。

この商品を購入する
// Googleアナリティスク設定