ホーム
0
カテゴリー
グループ
コンテンツ
カート
ユーザー
絞り込む
カテゴリー
グループ
コンテンツ
ノヴェルディ作 1灯シーリングライト パート・ド・ヴェール 1920年代フレンチアールデコ lu-110
ノヴェルディ作 1灯シーリングライト パート・ド・ヴェール 1920年代フレンチアールデコ lu-110
120,000円(税抜)
1個です。
購入数

ノヴェルディ作 1灯シーリングライト パート・ド・ヴェール 1920年代フレンチアールデコ lu-110
120,000円(税抜)
Noverdy Jean Art Deco Globe Celing Plafonnier Lustre
1920年代アールデコ期、ジャン・ノヴェルディーの1灯シーリングライトです。 球形のガラスに抽象的なアールデコ様式の花文様がレリーフされています。パート・ド・ヴェールは薄いピンクの半透明で明かりを灯したときの雰囲気が良い一振りです。 ノヴェルディーはミュラー兄弟の弟子でパート・ド・ヴェールの制作を主に担当していました。端正でデザインの豊富さは同時期の工房の中で比較しても特筆するところです。ガラス縁に刻印がございます。

カテゴリー: 1灯シーリングライト
制作期: 1920年頃
製法: パート・ド・ヴェール(練硝子)
原産: ジャン・ノヴェルディ(ノヴェルディ・フランス)
サイズ: 全長25cm 直径20cm シーリング直径16cm
重量: 約2kg

電配線は、日本仕様に交換済みです。電球口金は、B22Dをお買い求め下さい。


Noverdy France
ノヴァルディ・フランス工房 1920〜1930年
設立者: Noverdy Jean(ジャン・ノヴァルディ 生没不詳)
ミュラー兄弟の工房でガラス製法を学んだのち、1920年頃、故郷のDijon(ディジョン)で独自の工房を設立。
設立当初は、師ミュラー兄弟の流れをくみ、可憐なアールヌーヴォー様式を基調としていました。 アール・デコが勃興すると、時代の流れに従いより端正な作品を手掛けていました。 製法は主に、パート・ドゥ・ヴェール、オパールセント、グラヴィールの作品が多く、照明器具、花瓶、食器などのガラス工芸品を手掛けています。 同工房は、メタルワーカーとの連携が他工房よりも密であったので装飾のバランスに優れており、作製年代を問わず全体的に品質の良い作品が多いです。 1930年頃に工房は閉鎖。

この商品を購入する
// Googleアナリティスク設定