ホーム
0
カテゴリー
グループ
コンテンツ
カート
ユーザー
絞り込む
カテゴリー
グループ
コンテンツ
サファイア&ダイヤモンド ハーフエターナルリング 指輪 9KYG 19世紀末 英国ヴィクトリア王朝期 r-70
エンゲージ&ウエディング ソリッドゴールドリング 指輪 9KYG 19世紀末 英国ヴィクトリア王朝期 r-71
57,000円(税抜)
1個です。
購入数

エンゲージ&ウエディング ソリッドゴールドリング 指輪 9KYG 19世紀末 英国ヴィクトリア王朝期 r-71
57,000円(税抜)
19th century Victorian Diamond & Sapphire Half Eternal Ring 9KYG Solid Gold19世紀末、ヴィクトリア王朝期に作られたソリッドゴールドの指輪。当時のイングランドで結婚式・婚約で交わされていたポピュラーなデザインです。そして、若いカップルが新しい門出を祝うということで9金無垢のイエローゴールドで交わすのが慣わしなのだそうです。ホールマーク以外の刻印は入っていないので、上記の目的で使用されたリングではないようです。

カテゴリー: 指輪
制作期: 19世紀末頃 ヴィクトリア王朝期
製法: 9金無垢
原産: 英国
サイズ: 10号

*お買い上げ頂く指輪のサイズ直しも承ります。お見積もりご相談下さい。


ヴィクトリア朝は、ヴィクトリア女王(1819 - 1901年)がイギリスを統治していた1837年から1901年の期間を指します。この時代はイギリス史において産業革命による経済の発展が成熟に達したイギリス帝国の絶頂期です。 18歳という若さで即位し、イングランド歴史上の中でも美人女王で、夫アルバートと生涯仲睦まじい夫婦であり続け、多くの子供を儲けた。 そういう家庭的な一面で英国民から支持を受けており、夫アルバートが亡くなった時、長く着用し続けた喪服スタイルが民衆の間で流行したほどです。 母方がザクセン王国の血を引いていたこともあって、シック&エレガントなスタイルを基調としていたようです。 のちに彼女の名を拝借した様々な美術的思想が確立し、総じてヴィクトリアンスタイルと呼ばれるようになりました。 現代のハリーウィンストンのジュエリーもこのスタイルの継承が多く見られます。

この商品を購入する