ホーム
0
カテゴリー
グループ
コンテンツ
カート
ユーザー
絞り込む
カテゴリー
グループ
コンテンツ
17,18th century EXPORT IMARI
17〜18世紀 輸出伊万里 里帰り品 鳳凰文様 芙蓉手 大皿 46.2cm imari-7
0円(税抜)
SOLD OUT
17〜18世紀 輸出伊万里 里帰り品 鳳凰文様 芙蓉手 大皿 46.2cm imari-7
0円(税抜)
17,18th century EXPORT IMARI

輸出伊万里で里帰りのお品です。 欧米でアンティークを買い付ける際、品の良い伊万里焼を見付けては買い戻すのも西洋アンティークディーラーの仕事です。 最近は海外でも秀品を見かけることが少なくなってきました。 ヨーロッパのお城では伊万里焼きが壁に埋め込まれ模様になっていたり、王侯貴族が収集を競った時代がありました。 西洋高級磁器マイセンも伊万里焼をルーツとしているんですよ。

鳳凰文様で縁の返しが柔らかさを演出している秀品。 見込みの周りを囲うような割線描の文様を芙蓉手(フヨウデ)と言います。


カテゴリー: 輸出伊万里
作成年代: 17〜18世紀(江戸中期〜後期)
製法: 磁器
原産国: 日本(伊万里)
サイズ: 直径46.2cm 高さ6.3cm 
コンディション: 割れ・欠け・罅などのダメージは無く良好の範囲だと思います。カンニュウは殆ど見当たりません。


EXPORT IMARI
(輸出伊万里)
「輸出伊万里」は江戸時代、東インド会社を経て、ヨーロッパ各地へ輸出された伊万里焼のことです。 その特徴は、ヨーロッパ人の趣向に合わせて、日本では見かけることが少ない大型品、豪華絢爛な絵付け、柿右衛門手(初期)が主流でした。 また、現代になり、海を越えて日本に持ち帰られたこのような品を「」伊万里の里帰り」と言います。
// Googleアナリティスク設定